スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトバスについて

まずはリトバスというタイトルについて。
リトバスというかヴィジュアルアーツで一括りのOSです。
昔のカードは産廃ばかりですが実用的なカードもいくつかあります。

現在ヴィジュアルアーツはほぼ最大のカードプールを誇っています。(ブースター4つ)
再録も多いのですがカードプールが広い分様々なカードがあり、非常に構築の幅が広いです。



沙耶について。
アペンドルール「リフレイン」を持つ唯一のRRです。
リフレインを満たせば毎ターン2ドローの+4/+4という鬼性能になります。
が、満たせないと能力は並なのでアペンドを狙っていく形で構築せざるを得ません。
しかしアペンドルール持ちのキャラクターは軒並み性能が悪く、いい調整されてるなーと感じます。
リフレイン
リフレインのカードリストです。組み直す時などの参考にどうぞ。
条件が6枚ですので15枚ほどは積んでおきたいところです。
裏リバース登場はそもそも盤面に出すのが難しいのでほぼ却下でしょう。
続いて手札のキャラ1枚切って登場も中々難しいですが、理樹は別のカードを採用せざるを得ないので却下。謙吾もこの能力が弱すぎるので却下となります。
イベントで見てみると、いつか見た風景、二人の約束、失意の鈴はあまりにも効果が弱すぎるので積めません。
他もピン積み安定なイベントばかりです。

必然的に積めるのが、クド、姉御、恭介、真人、願い星、パーティーの準備、物語、となります。
リフレイン持ちのキャラで裏から表にできるのが恭介とクドのみなので他のキャラでカバーしていきたいところです。
それから、パートナーに貫通を付ける“リトルバスターズ”夜の校舎への潜入「直枝 理樹」は4枚必須です。
他は裏から表にできるカードを探して、エクストラとの兼ね合いを見ながら投入するのがいいでしょう。


エクストラデッキは自由度が高めですが、簡単にリフレイン持ちを除外できる単体エクストラはそれぞれ積んでおきたいところです。
“リトルバスターズ”華麗なる日々「棗 恭介」なんかは非常に強力なので2~3枚ほどは積みたいです。
それから終盤の詰めに使える“リトルバスターズ”頑張り屋さん「能美 クドリャフカ」なんかも積みたいですね。
あとはキャラクターに合わせて強そうなものを好みで入れるのがよろしいかと。


イベントですが、“リトルバスターズ”仲間と共に新たな挑戦者最強を求めて幼き日の“リトルバスターズ”強制レンタルちょっとした妄想散乱する荷物強要された膝枕、あたりが必須パーツと呼ばれるカードですかね。(強制レンタルは別に入れなくてもいいですし、入れてもピン投ですが)
キャラ30、セット8程度の枚数で組まれるデッキになりますから必然的に12~13枚ほどしか入れれません。配分などはお好みです。正解はありません。


最後にセットですが、本当なら引越し荷物を積みたいのですが、折角専用セットが用意されていますし、向こうはサイズが出るのでどちらでも構いません。向こうの場合はことみのヴァイオリンも積んでおくことをオススメします。





最後に僕の作成したサンプルレシピだけ載せておきます。
脳内構築なので荒がやや多いですがそこから調整してみてください。
4 諜報員「朱鷺戸 沙耶」
4 “リトルバスターズ”夜の校舎への潜入「直枝 理樹」
4 “リトルバスターズ”終焉のはじまり「棗 恭介」
4 “リトルバスターズ”世界の終わり「来ヶ谷 唯湖」
4 “リトルバスターズ”世界の終わり「能美 クドリャフカ」
4 “リトルバスターズ”最後の野球「井ノ原 真人」
4 “リトルバスターズ”ホットケーキパーティ「西園 美魚」
3 “リトルバスターズ”仲間と共に
2 新たな挑戦者
2 最強を求めて
1 “リトルバスターズ”パーティの準備
1 願い星
1 ちょっとした妄想
1 散乱する荷物
3 強要された膝枕
4 ことみのヴァイオリン
4 突きつけた銃

EX
2 “リトルバスターズ”スペシャルホットケーキの味は?「井ノ原 真人」&「西園 美魚」
2 “リトルバスターズ”華麗なる日々「棗 恭介」
1 “リトルバスターズ”みんな一緒の未来「棗 恭介」
2 “リトルバスターズ”夢の終わり「来ヶ谷 唯湖」
2 “リトルバスターズ”頑張り屋さん「能美 クドリャフカ」
1 “リトルバスターズ”暴走する「井ノ原 真人」

キャラでリカバリーが弱いのでエクストラでそれをごまかしてます。
表にならないとかが日常茶飯事かもしれません。
バックヤードへ送る効果はほぼ理樹頼りで、最強を求めてを1回打てればすぐにたまります。
基本は理樹と沙耶での2面貫通で、状況に応じて真人単騎の追加や、強要された膝枕で3減少を裏にしてクドと願い星のリフレインで焼くことも可能です。
スポンサーサイト

シュタゲについて

シュタゲの構築講座。
主観混じりのため最善とは言えません。本人は最善を尽くしているつもりです。

まずはパートナー選択。
選択肢はいくつかあります。

“ラボメン”再び過去へ「岡部 倫太郎」

“ラボメン”因果律のメルト「牧瀬 紅莉栖」

“ラボメン”清心斬魔流「漆原 るか」

新しいエクストラの“未来ガジェット研究所”負荷領域のデジャヴ「牧瀬 紅莉栖」も弱くもないんですがそんなに強いわけでもないのです。


基本的にはラボメンの方が簡単で強いです。
“ラボメン”未来への希望「椎名 まゆり」というカードの自動能力、カードの効果でカードを引いた時自分のキャラ1体+3/+3のテキストがターン1制限でないのでドローするたびに強くなります(ドローフェイズとパートナーアタックのドローはルールによるドローなので誘発しません。)
登場コストも裏から表と登場しやすいので間違いなく強いです。


サンプルデッキをいくつか
4 “ラボメン”再び過去へ「岡部 倫太郎」
4 “ラボメン”デート中!?「橋田 至」
4 “ラボメン”別の世界線の記憶との葛藤「漆原 るか」
4 “ラボメン”未来への希望「椎名 まゆり」
4 “未来ガジェット研究所”屋上でバーベキュー「桐生 萌郁」
4 “未来ガジェット研究所”思い出せない記憶「フェイリス・ニャンニャン」
4 まゆりと仲良し「天王寺 綯」
1 時空境界のドグマ
3 最高の笑顔
1 辿り着いた答え
2 時を越えた再会
2 溢れ出た想い
2 天才少女のセミナー
2 突然の電話
2 堪えきれない想い
3 二枚猫舌
4 一文だけのメール

2 普通の女の子?「天王寺 綯」
2 “ラボメン”ちょっかい出し「フェイリス・ニャンニャン」&「漆原 るか」
1 寄りそう二人“ラボメン”「フェイリス・ニャンニャン」&「天王寺 綯」
2 “ラボメン”タイムマシン修復中「橋田 至」
2 “ラボメン”覚悟を決めた「漆原 るか」
1 “ラボメン”不器用なネコミミメイド「桐生 萌郁」

寄りそう二人“ラボメン”「フェイリス・ニャンニャン」&「天王寺 綯」を自分のターンはパートナーの岡部のテキストで裏にして自分だけ貫通させるデッキです。
貫通パンチャーはパートナーと萌郁で。少量の焼きも搭載していますがこれはどうしようもない場合に使うものなので基本はパワーをあげて物理で殴るデッキです。
イベントの配分は個人のお好みです。あくまでこのレシピは僕が組むなら、ってものですので。
シンプルでかつ強いデッキです。



4 “ラボメン”因果律のメルト「牧瀬 紅莉栖」
4 “ラボメン”ダークな執事「岡部 倫太郎」
4 “ラボメン”デート中!?「橋田 至」
4 “ラボメン”別の世界線の記憶との葛藤「漆原 るか」
4 “ラボメン”未来への希望「椎名 まゆり」
4 “未来ガジェット研究所”屋上でバーベキュー「桐生 萌郁」
4 “未来ガジェット研究所”思い出せない記憶「フェイリス・ニャンニャン」
4 “未来ガジェット研究所”タイムトラベラー「阿万音 鈴羽」
1 時空境界のドグマ
2 最高の笑顔
2 時を越えた再会
2 溢れ出た想い
3 天才少女のセミナー
2 突然の電話
2 堪えきれない想い
1 二枚猫舌
3 一文だけのメール

3 “ラボメン”秋葉原のヒーロー「阿万音 鈴羽」&「フェイリス・ニャンニャン」
2 “未来ガジェット研究所”核心に近づく「桐生 萌郁」
2 “未来ガジェット研究所”拭えない焦燥感「フェイリス・ニャンニャン」
1 “未来ガジェット研究所”の設立者「岡部 倫太郎」
2 “ラボメン”覚悟を決めた「漆原 るか」

相手のキャラをレストにしながら貫通で殴るデッキです。
正直アーキタイプとしての確立があまりされていないのでレシピが若干適当です。
フレンドの細い打点を未来への希望で補っています。
一番ありえるのはフレンドの枠が足りないこと。
るかをガジェットにしてダル抜いてイベントに回してもいいかもしれません。




4 “ラボメン”清心斬魔流「漆原 るか」
4 “ラボメン”デート中!?「橋田 至」 
4 “未来ガジェット研究所”思い出せない記憶「フェイリス・ニャンニャン」
4 “未来ガジェット研究所”屋上でバーベキュー「桐生 萌郁」
4 “ラボメン”黄昏色のソーテール「牧瀬 紅莉栖」
4 “ラボメン”コスプレバイト戦士「阿万音 鈴羽」
4 “ラボメン”ダークな執事「岡部 倫太郎」
2 最高の笑顔
2 時を越えた再会
3 溢れ出た想い
3 天才少女のセミナー
2 突然の電話
1 二枚猫舌
2 傷だらけの王子様
3 ラボで煮物会
4 一文だけのメール

3 “ラボメン”秋葉原のヒーロー「阿万音 鈴羽」&「フェイリス・ニャンニャン」
2 “未来ガジェット研究所”核心に近づく「桐生 萌郁」
2 “未来ガジェット研究所”拭えない焦燥感「フェイリス・ニャンニャン」
1 “未来ガジェット研究所”の設立者「岡部 倫太郎」
1 “ラボメン”一緒に未来へ「阿万音 鈴羽」&「岡部 倫太郎」
1 “ラボメン”タイムリーパー「岡部 倫太郎」

相手のフレンドをなるべく多くレストさせてるか、紅莉栖といったタッチレスト能力のキャラクターに突っ込ませてがら空きになったところを他のフレンドで殴ります。
手札が足りない以外は強いです。
手札を大切にしないとすぐなくなってしまうので注意です。









それぞれの特徴を上げると
・岡部
やることがパターン化しているので初めてでも簡単
安定して強い

・紅莉栖
とにかくいろんなことができる。器用。
ただし一歩間違えると器用貧乏になってしまうのを注意

・るか
割とネタ枠。
初見殺しの勢いが強いのである程度慣れてきたらオススメ(というか自分が組みたいだけ)



おまけ
4 “未来ガジェット研究所”負荷領域のデジャヴ「牧瀬 紅莉栖」
4 “未来ガジェット研究所”世界線の漂流者「岡部 倫太郎」
4 “未来ガジェット研究所”屋上でバーベキュー「桐生 萌郁」
4 “未来ガジェット研究所”神社でお掃除「漆原 るか」
4 “未来ガジェット研究所”みんなでお花見「椎名 まゆり」
4 “未来ガジェット研究所”電脳の魔術師級「橋田 至」
4 “未来ガジェット研究所”思い出せない記憶「フェイリス・ニャンニャン」
4 修祓
1 過去を司る女神作戦
3 デジャヴ
2 時を越えた再会
2 溢れ出た想い
2 突然の電話
2 堪えきれない想い
2 二枚猫舌
4 一文だけのメール

2 “未来ガジェット研究所”神社で特訓中「漆原 るか」
2 “未来ガジェット研究所”雷ネットバトル「橋田 至」
2 “未来ガジェット研究所”厨二設定全開「フェイリス・ニャンニャン」&「桐生 萌郁」
1 “未来ガジェット研究所”心配する「椎名 まゆり」
1 “未来ガジェット研究所”阿吽の呼吸?「岡部 倫太郎」&「橋田 至」
1 “未来ガジェット研究所”核心に近づく「桐生 萌郁」
1 “未来ガジェット研究所”拭えない焦燥感「フェイリス・ニャンニャン」

るか単体EXで自動ドローを封殺して上から殴るデッキです。
登場とエクストラ登場を行うと紅莉栖のATKが4上昇するのでそれなりに抜きやすいです。
カードのほとんどが新弾ですので新弾があるていど揃っているのら組んでみてもいいかもしれません。

カオス入門

カオス初心者への布教のためのページです。

・構築デッキ
メインデッキがパートナー1枚+山札が合計50枚、エクストラデッキが10枚です。
このパートナー1枚というのはゲーム開始時に最初に出しておく1枚を差していて、基本はパートナーは4枚積みます。
同一カードナンバーのカードはデッキに4枚まで。

なお名称は「」で括られた中身を参照します。
基本的にはキャラクターとエクストラですがごくまれにセットにも名称がついているので注意。
“”で囲われた中が特徴です。主にキャラクターの所属等に使われています。よく参照される特徴もあれば全く参照されない特徴もあります。
<OS:~>で囲われた~の部分がそのOS名称です。ネオスタンダードの形式はOSごとに区分されています。
<>で囲われた中身はタイトル名です。基本的にOS名が元ネタの会社名なことが多いのでタイトルが別に扱われることもあります。(タイトル同士のシナジーがうんぬん)


・基本ルール
デッキが0枚の時点でダメージを受けるかドローフェイズを迎えると敗北です。相手にそれをさせると勝利です。

初期手札は5枚。手札の上限は7枚です。

ターンの流れは
スタンドフェイズ(→のキャラを↑に、↓のキャラを→に)

ドローフェイズ(1枚ドロー。できなければ負け)

メインフェイズ(キャラクターの登場、エクストラの登場、レベルアップを各1回まで、イベントの使用、キャラの能力を起動、セットの使用をそのテキストが許す限り使用することができる)

バトルフェイズ
第一アビリティステップ(イベントの使用、キャラのテキスト起動)
  アタックキャラクター決定ステップ(アタックキャラクターを選択アタックしたのがパートナーの場合1ドローしてもよい。しない場合バトルフェイズ終了)
    第二アビリティステップ(イベントの使用、キャラのテキスト起動)
      ブロックキャラクター決定ステップ(防御キャラクターを選択。しない場合はライフで受けます)
        第三アビリティステップ(イベントの使用、キャラのテキスト起動)
          ダメージステップ(ダメージを解決)
第一アビリティステップ(イベントの使用、キャラのテキスト起動)

終了フェイズ(パートナーを→から↑、もしくは↓から→にする。自分のキャラクターを1枚裏から表にする)


基本的に誘発能力や自動能力以外はメインフェズとバトルフェイズにしか起動できません。それぞれのタイミングはテキストに書いてあります。
相手のメインフェイズにはこちらに優先権が回ってくることがないので誘発や自動以外の効果は起動できません。



・カードについて
カードの種類はキャラクター、イベント、セット、エクストラの4種類です。エクストラは別のデッキとして容易するので実際の山札には他の3種類で構築されます。

 ☆キャラクター
キャラクターの登場は基本的に1ターンに1枚までです。(ただしごくまれに能力で登場する場合があります。それは1ターンに一度に含まれません)
【登場】コストが書かれているものはそのコストを支払わない限り登場できません(ただしゲーム開始時のパートナーを除きます)
【乱入】コストが書かれているキャラクターは【乱入】のコストを支払い、1ターンに1度の制限を無視して登場できます。

パートナーのみ、ATKとDEFの下側に書かれている+修正が追加で得られます。レベルアップした場合はその修正値が加算されていきます。
赤い色で書かれているテキストはパートナーである場合にのみ発動する効果、青色で書かれているテキストはフレンドである場合にのみ発動する効果です。

起動型能力はそれのコスト〔〕の前にMainもしくはBattleでタイミングが指定されています。


 ☆イベント
【使用】コストの書かれているものはそのコストを支払わない限り使用することができません。
イベントの効果はMainもしくはBattleでタイミングが指定されています。


 ☆セット
【使用】コストの書かれているものはそのコストを支払わない限り使用することができません。
自分のキャラ(もしくはエクストラキャラ)にのみセットできます。
セットされた場合、そのセットに書かれているテキストはセットされているキャラクターが得ます。
セットされているキャラクターはそのセットに書かれれいる+の修正値をそれぞれ得ます。


 ☆エクストラ
【エクストラ】〔「名称A」&「名称B」〕の場合、AもしくはBのキャラクターがアリーナ(場)に登場している状態で(裏表は問いません)、そのもう片方(Aが場にいる場合はB、Bが場にいる場合はA)のキャラクターを手札もしくはアリーナ(裏表は問いません)から控え室に置く事で登場できます。
【エクストラ】〔「名称A」〕【登場】(コスト)の場合はAがアリーナに登場している(裏表は問いません)状態で(コスト)を支払うと登場できます。

エクストラが登場した場合はエクストラの素材となったキャラクターの上にぴったりと重ねて起きます。
エクストラキャラクターはATKとDEFの下側に書かれている+修正が追加で得られます。レベルアップした場合はその修正値が加算されていきます。
【エクストラ】で指定された名称のカードを手札から控え室に置くことでレベルアップすることができます。
レベルアップした場合エクストラデッキから同名カードをもう1枚それの上に重ねて起きます。そして修正値が加算されます
エクストラキャラクターがアリーナから別の領域に移動する場合、エクストラデッキに表向きで戻ります。(登場やレベルアップができるのは裏側のエクストラデッキのカードのみです)



・ダメージの解決
耐久力以上のダメージを受けたキャラクターは裏側になります。
戦闘ダメージは先制攻撃、先制防御を持たない限りはお互いのキャラクターが同時にATKの数値をバトル相手のDEFへ割り振ります。
先制攻撃を持つ場合、それがアタックキャラの場合は自分のみ先に相手のDEFへATK分のダメージを与えます。
先制防御を持つ場合、それがガードキャラの場合は自分のみ先に相手のDEFへATK分のダメージを与えます。
どのようなダメージであろうと、一度状態が切り替わる(表からダメージを受けて裏になり、何らかの効果で表になる)ことがない限りターン終了時までダメージが蓄積します。



・スキルについて
スキルとは以下の効果達です。

『先制攻撃』
アタックを行うキャラが、通常よりも先にバトルダメージを与える永続能力です。

『先制防御』
ガードを行うキャラが、通常よりも先にバトルダメージを与える永続能力です。

『貫通』
アタックを行うキャラがガードされた場合に、そのガードキャラへのダメージの余剰ダメージをアタック目標に与える永続能力です。

『反射』
キャラがアタックをガードした場合に、そのアタックキャラへのダメージの余剰ダメージをアタックキャラのマスターに与える永続能力です。

『相手選択』
アタックをプレイヤーではなく指定した相手のキャラに対して行うことのできる永続能力です。任意効果で、相手のキャラへアタックすることを選択した場合相手のデッキへダメージを入れることができません。


以上がChaosTCGの基礎です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。